礼拝メッセージメモ 2016年5月8日

礼拝で配布しているメッセージメモをそのままアップします。

メッセージ・メモ/2016年5月8日
「励まして下さる神」ローマ15:1~6

1. 序論:5月礼拝のテーマ「励ます人になろう」
(ア) エレベーターの法則: 2種類の人間
① 持ち上げる人
② ひき下ろす人
(イ) ウィリアム・アーサー・ワード(William Arthur Ward)
「あなたがわたしにお世辞を言うなら、私はあなたを信じない。批判するなら、あなたを好きになれない。無視するなら、あなたを赦さない。私を励ましてくれるなら、あなたのことを忘れない。」
(ウ) 「忍耐と励ましの神」(5)
① 4節「聖書の与える忍耐と励まし」
② 「励ます人」となるために、「私を励まして下さる神様」を理解しよう。
③ 誤解: 無関心の神?  意地悪な神?

2. 励まして下さる神:
(ア) 神様は、一緒にいて励まして下さる。
① 「励ます」・・・ギリシャ語の元々の意味は「わきに/傍らに引き寄せる」
② 母親が、泣きじゃくる子供を黙って抱き寄せるように

(イ) 神様は、忍耐を与えてくださる。
① 「忍耐と励まし」がセット。 忍耐・・・困難の中、やめない、あきらめないこと。
② 私たちは、「簡単」を求める。でも神様は「忍耐」を与えてくださる。

(ウ) 神様は、勇気を与えてくださる。
① Encourage(励ます) = en (中に) + courage(勇気)
② 勇気・・・困難の中/に向かって立ち向かうこと。

(エ) 神様は、力を与えてくださる。
① ピリピ4:13「私は私を強くしてくださる方によって、どんなことでもできるのです。」
② 2テサロニケ2:16-17「どうか、私たちの父なる神…が、あらゆる良いわざとことばとに進むよう、あなたがたの心を慰め、強めてくださいますように。」

(オ) 神様は、希望を与えてくださる。 4節「希望を持たせるためなのです。」
① 希望・・・ゴール (人生の意味と目的)
② 希望…何を信じるべきか、期待すべきか

カテゴリー: 未分類 パーマリンク